『掌内鉄道 エディター for タブレット』

『掌内鉄道 エディター for タブレット』
操作マニュアル

このアプリは 『掌内鉄道 セカンド for タブレット』 のプラグインです。
単独では起動出来ません。
必ず『掌内鉄道 セカンド for タブレット』から起動してください。



『エディター for タブレット』 をお使いになる前に

『掌内鉄道 エディター for タブレット』 と 『掌内鉄道 セカンド for タブレット』 間のマップデータの保管場所として、専用のホルダを作成す事を推奨します。場所及び名称は何でも構いません。
アプリ標準のホルダーは以下になっております。(勿論変更する事は可能です)

[内部ストレージ] (SDカード)
     └―[foxworks]
          └―[strain]
              └― マップデータ

『掌内鉄道 エディター for タブレット』 及び 『掌内鉄道 セカンド for タブレット』 ではホルダーの作成は出来ませんので、ファイルエクスプローラなど他のアプリでホルダーを作成しておいてください。
また、マップデータの上書き保存は可能ですが削除機能は有りませんのでマップデータの削除はファイルエクスプローラなどで行って下さい。マップデータの拡張子は .fox です。



エディターの起動

『セカンド for タブレット』 の環境パネル[エディター起動]ボタンをタップして下さい。

e201.png
エディターがインストールされていない場合メッセージが出ますので、インストールして下さい。



エディターの操作

<初期画面>

e202.png
エディターが起動されると、新規/データ修正の選択メニューが現れます。
該当する方をタップして下さい。

e203.png
データ読込をタップすると読み込みデータ選択メニューが現れますので、修正したいデータをタップして下さい。

<参照モード>

新規作成を選択した場合
e205.png

データ読込を選択した場合
e204.png

参照画面が表示されます。

<更新モード>

参照モードの状態の時、画面を長押しすると更新モードになります。
更新モードから参照モードに戻る時も画面を長押しします。

e206.png
更新モードになると部品パレットが表示されます。

e207.png
部品パレットはスクロールする事により画面内を自由に移動させる事ができます。

e210.png
部品パレットは右側のタブで部品の種類を変えることが出来ます。

<部品の配置>

e211.png
①パレット上の部品をタップすると、赤枠が表示されその部品が選択されます。
②マップ上の配置したい場所をタップすると部品がマップ上に配置されます。

間違った場所に置いてしまった場合は、マップをダブルタップすると削除されます、また別の部品を上書きしたり空白の部品を選択してマップ上に置いても構いません。

<列車の配置>

列車の配置は、次の手順で行って下さい。

e213.png
①左側のB~Fの矢印で列車種類と配置した時の進行方向を選んで下さい。
②次に使用する列車画像を選択してください。
③最後にマップ上の線路に配置します、タップした場所が先頭車の位置になります。
注意:配置は必ず直線上に配置してください、4両分の直線線路が無いと発車できなくなります。

<付加画像の配置>

今回のアプリから付加画像が設置できます。付加画像とは基本画像の上に重ね書き出来る画像です。
部品パレットの一番下の付加タグの画像が対象です。

e214.png
まず基本画像で駅部分を作りました。

e215.png
ここに付加画像で跨線橋を設置してみます。部品パレットの付加タブをタップして跨線橋部品を選択してマップ上に設置して下さい。付加タグが選択されている状態では基本画像は更新できません
注意:付加画像は付加タグが選択されている時と参照モードの時にマップ上に表示されます。

<データの保存>

出来上がったマップデータを保存します。
画面左端を右フリックすると環境パネルが出てきますので、データ書き込みをタップします。
e222.png
環境パネルが出ている時は、マップ編集はできません。

登録名とホルダーの問い合わせが来ますので必要事項を入力してデータ保存を押して下さい。
e217.png
データの拡張子は .fox として下さい。
データ保存をタップすると指定ホルダーに保存されます。

<エディターを終了する>

タブレットの戻るボタンを押して下さい。

e218.png
終了確認が表示されますので[セカンドへ移動する]を押して下さい。



エディター使用上の注意 (高架橋線路)

マップ上に配置できる部品はマップのブロック数以内であればそれぞれ各個数の制限は有りません。
但し高架橋線路の配置可能数は30箇所までとなります。
また、横向きの高架橋部品はありません。

e219.png

また、高架橋の下には部品を配置できません
e223.png
セカンドでは高架橋両側のブロックから自動的に判断し線路・道路・河川を補完します。
補完する部品は直線横向きのみです、高架橋下での曲線・分岐は出来ません



以上で 『掌内鉄道 エディター for タブレット』 の解説を終わります。



Google Play 『掌内鉄道 セカンド for タブレット 体験版』 ダウンロードサイト
Google Play 『掌内鉄道 セカンド for タブレット』 ダウンロードサイト
Google Play 『掌内鉄道 エディター for タブレット(プラグイン)』 ダウンロードサイト




テーマ : androidアプリ
ジャンル : 携帯電話・PHS

『掌内鉄道 セカンド for タブレット』

1年ぶりに掌内鉄道セカンドがパワーアップして帰ってきました。

『掌内鉄道 セカンド for タブレット』
操作マニュアル

今回の 『掌内鉄道 セカンド for タブレット』 はタブレット向けに調整したアプリケーションとして登場しました。
また、旧セカンドシリーズでは、エディターが別アプリとなっておりましたが、『セカンド for タブレット』では、エディターをプラグインとして無料で提供します。

<旧セカンドとの比較>
①画面の大きさが倍になりました。
旧セカンドは12x20ブロックの画像で構成しておりましたが、『セカンド for タブレット』では18x30ブロックとなりさらに複雑なレイアウトの作成が可能となりました。
これに伴い端末の最低解像度は短辺が720ドット以上の機種をお使い下さい、720ドット未満の機種では起動できません。また画面サイズは7インチ以上の機種をお使い下さい、7インチ以下でも動作は可能ですが画面が細かくなったため操作が大変難しくなります。
②画面ブロックの画像が大幅に増えました。
小道や河川湖沼も表現できます。また基本ブロック画像に重ねて表示できる画像を導入しました、これにより跨線橋や電車庫、自動車が配置できます。
③エディター機能をプラグインアプリとして提供します。
プラグイン化によりセカンドとエディターの行き来がアプリの再起動なしで可能となりました。
④各種機能強化
同時運転可能列車が5列車になりました。またポイント操作を改善しました。列車画像の動きを改善しました。

起動直後の画面です。
s209.png
画面左のパネルが環境パネル、右側が運転パネルとなります。



各パネル及びマップ上での操作

【環境パネル】
・マップ切り替えボタン
標準で提供されているマップは1~5の5種類です。
このボタンをタップする事によりマップを切り替えます。
・ユーザーマップ読込ボタン
エディターで作成したマップを読み込みプレイする時に使います。
旧エディターで作成されたマップはこのアプリでは使用できません。
・サウンド有無
サウンドをON/OFFする時にタップします。
・マップエディター起動ボタン
マップエディターを起動します。
マップエディターは事前にインストールしておいて下さい。インストールされていない場合はエラーとなります。
・環境パネルの開閉
環境パネルはパネル下部を左右にフリックする事により開閉できます。

【運転パネル】
・列車速度ボタン
各列車は列車単位で速度を3段階で指示出来ます。
初期値は中速になっています。
・駅運行ボタン
各列車の駅での運行を指定します。
運行内容は、①各駅に停車して指示を待つ②5秒停車後発車③通過の3種類です。
・非常停止ボタン
全列車非常停止する場合に使用します。
各列車はその場に停車して指示を待ちます。
・運転パネルの開閉
運転パネルはパネル下部を左右にフリックする事により開閉できます。

【マップ上での操作】
マップ上で操作出来るのはポイントの切り替え、停車中の列車への出発指示と、非常停止です。
マップ上での操作は、環境パネル・運転パネルを閉じた状態で操作して下さい。
環境パネル・運転パネルが開いていると操作は無効となります。

・出発指示
s202.png
先頭車に表示されている停車中ラベルをタップすると、出発指示ポップアップが表示されます。
前進する場合は『前進』をタップ、反対方向に出発する場合は『折返し』をタップします。

・ポイント切り替え
s203.png
切り替えたいポイントをタップします。現在開通している方向が表示されます。ポイントを切り替える場合は、この表示が消える前(約1.5秒)にもう一度赤枠内をタップして下さい。進路が切り替わります。
注意:ポイント状態表示が出ている間は他のポイント操作、列車出発指示は出せません。

・非常停止
全列車非常停止する場合に画面を長押ししてください。
各列車はその場に停車して指示を待ちます。



事故発生

運転中に列車が衝突した場合メッセージを表示します。
s204.png
事故を発生させた列車は方向転換して停止します。



インシデント発生

運転中にポイント割り出し、車止めに衝突した場合、メッセージを表示します。
s205.png
該当列車は方向転換して運転を続けます。



ユーザーマップ読込

エディターで作成したマップをプレイする時には、環境パネルのユーザーマップ読込ボタンをタップします。
s208.png
読込ボタンをタップすると、入力データ選択画面が表示されます。読み込みたいマップをタップして下さい。

s207.png
マップが読み込まれ、プレイ出来る状態になります。マップ番号は00が表示されます。



エディター起動

エディターを起動する場合は、環境パネルのエディター起動ボタンをタップして下さい。
エディターの使用方法はエディター操作マニュアルを参照してください、



各種タブレット画面への対応

この『掌内鉄道 セカンド for タブレット』では、各種タブレット画面にシームレスに対応する様設計しておりますが、アプリ画面の縦横比が固定でありかつ端数処理のため、上下左右に余白が出来る場合があります、ご了承下さい。
体験版にて表示状況を確認される事をお勧めいたします。
タブレットを対象としているため対応 Android バージョンは3.0以降となります。



体験版をリリース

『掌内鉄道 セカンド for タブレット』 のリリースに伴い、『掌内鉄道 セカンド for タブレット 体験版』 をリリースします。
体験版は、マップ1のみプレイいただけます。また、ユーザマップ読込・エディターは使用できません。動作確認用としてお使い下さい。



Google Play 『掌内鉄道 セカンド for タブレット 体験版』 ダウンロードサイト
Google Play 『掌内鉄道 セカンド for タブレット』 ダウンロードサイト
Google Play 『掌内鉄道 エディター for タブレット(プラグイン)』 ダウンロードサイト



テーマ : androidアプリ
ジャンル : 携帯電話・PHS

プロフィール

FoxWorks

Author:FoxWorks
Androidアプリを作っています。
リクエストなどあれば何なりと。
Foxと言う名の猫です^^
MAIL
fox-works〇haruki-kb.com
〇はアットマークにしてね

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FoxWorks カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

掌内鉄道 掲示板



アンドロイダー公認デベロッパー認証
アンドロイダー公認デベロッパー 『FoxWorks』

ファミ通App

ファミ通App
『掌内鉄道』 紹介ページ


EXドロイド

EXドロイド
『掌内鉄道 猫俣線CTC』
紹介ページ