『掌内鉄道 高熊駅』

『掌内鉄道 高熊駅』  Takakuma Station  解説サイト

あなたは50年前にタイムスリップしてしまいました。
1960年代、まだ全国にSLが走り、幹線でもタブレットや腕木信号が使われていた時代です。
そんな古き良き時代の駅長になりました。
現代の様にコントロールパネルの前に座ってスイッチ一つで列車を制御出来る時代とは大違い、とってもアナログな時代でした。そんな時代のちょっとローカルな駅がモデルです。


 
まず高熊駅の基本設定から解説します。

base.png
このスクリーンショットは、上り普通列車の停車中に下り貨物列車を通過させるシーンです。

駅は2面2線の構造で左から右へ向かう列車が下り列車となります。上下本線があり①番線が上り本線(下側)②番線が下り本線(上側)です。上下本線は進行方向固定で折返し・追い越しは出来ません、通過は可能です。

分岐器は猫俣方が分岐器21、狐坂方が分岐器51です。切換は現場扱い転轍機標識付きです。スプリングポイントではありませんので割り出しは事故になります。
信号は腕木式操作は上りホームの信号テコ小屋で扱います、猫俣方から、下り遠方・下り場内/下り通過・上り出発・下り出発・上り場内/上り通過・上り遠方です。操作上上下遠方信号の信号テコは省略しています、レイアウトでは上下場内信号と連動して動きます。

閉塞方式は通票(タブレット)閉塞方式、通票は猫俣方が第1種(丸)狐坂方が第2種(四角)です。電鈴音は猫俣方は椀型(チンチン)、狐坂方は渦型(ボンボン)になっています。

この高熊駅で運行される列車は特急気動車・普通気動車・普通客車・貨物の4種類各1編成ずつです。特急・貨物は通過指示も可能です。貨物はSL牽引、客車はDL牽引です。



操作方法 具体的に各機器の操作方法を説明します。

[ポイント]
ポイントの切換は、レイアウト上のポイントをタップして下さい。トングレールの開通方向と標識の表示で確認できます。定位は左分岐方向です。割り出しは出来ません。(画像①)

[信号]
各信号の操作は信号テコをタップしてください。テコの状態とレイアウトの信号表示で確認出来ます。遠方信号は操作を簡略化するため省略しています。レイアウトの遠方信号は場内信号と連動して動きます。(画像②)

[連動装置]
分岐器と各信号機は連動装置で結ばれています。ありえない組み合わせの指示を出した場合エラーを表示して指示は無効になります。
(例:分岐21定位時に上り出発信号を反位にする。/下り場内信号反位時に分岐21を反位にする。)

[閉塞操作・タブレット扱い]
閉塞手順には4種類のパターンがあります。それぞれを順を追って説明します。
パターン① 猫俣/狐坂->高熊 閉塞開始操作(先方駅出発時)
パターン② 猫俣/狐坂->高熊 閉塞解除操作(高熊駅到着時)
パターン③ 猫俣/狐坂<-高熊 閉塞開始操作(高熊駅出発時)
パターン④ 猫俣/狐坂<-高熊 閉塞解除操作(先方駅到着時)

パターン①先方駅出発時
先方操作  当方操作
①電鈴3回
  ②閉塞器タップ(送信3回)
③閉塞列車確認
④電鈴2回
  ⑤閉塞器タップ(送信2回)
⑥半開表示(解錠)
  ⑦閉塞器長押し(解錠)
⑧電鈴1回(動作確認)

パターン②高熊駅到着時
列車がホームに差し掛かると機関士からタブレットを受け取ってタブレット置き場に表示されます。
表示されたタブレットは折返し使用または閉塞解除する事が出来ます。
・閉塞を解除する場合
先方操作  当方操作
  ①表示されたタブレットをドラッグして閉塞器本体にドロップします。(送信4回)
  (タブレットがフォーカスすると色が変わります)
②電鈴4回
  ③閉塞器長押し。(解錠)
④電鈴1回(解除確認)

・折返し使用する場合
  ①表示されたタブレットをドラッグして各ホームの指定位置(画像①)へドロップします。
ホームに対象列車が停車中の場合は機関士に渡されます。列車が未到着の場合ホーム上にタブレット授器がセットされ列車到着時に機関士に渡されます。

パターン③高熊駅出発時
タブレットを折返し使用する場合はこの操作は不要です。新たにタブレットを取り出す場合の操作となります。
先方操作  当方操作
  ①閉塞器をダブルタップします。(送信3回)
②電鈴3回
  ③閉塞器タップ(閉塞列車確認)(送信2回)
④電鈴2回
⑤全開表示(解錠)
  ⑥閉塞器長押し(解錠)
⑦電鈴1回(動作確認)
タブレット置き場にタブレットが表示されますので、該当ホームにドラッグドロップして下さい。
列車が出発するためには、タブレットの所持と出発信号の反位現示の両方が必要です。

パターン④先方駅到着時
先方操作  当方操作
①電鈴4回
  ②閉塞器タップ(送信4回)
③全開表示(解錠)
  ④閉塞器長押し(解錠)
⑤電鈴1回(操作確認)
先方駅ではタブレットの折返し使用はありません。到着時は必ず閉塞を解除します

p1.png
 画像①

p2.png
 画像②

[列車操作]
最後に列車の操作方法の説明です。(画像③)
この高熊駅は自由にお好きな列車を運転できるマニュアルモードとランダムに列車が自動で発車される自動運転モードを用意しています。
この高熊駅にはステージと言ったゲーム性の有るシナリオはありません。衝突などの事故以外には時間制限などもありません、じっくりと通票閉塞や腕木信号のやり取りをお楽しみください。

・マニュアルモード
コンロトールボード左側列車制御盤で指示を出します。
①列車種別選択 列車種別表示をタップする事で特急→気動車→普通→貨物と表示が変わります、運転したい列車を選んで下さい。
②通過指示 特急と貨物列車の場合高熊駅を通過指示させることが出来ます、通過させたい場合は通過ボタンをタップして下さい。
③出発駅選択ボタン 選択した列車の進行方向を指示します。猫俣駅発は下り列車、狐坂駅発は上り列車となります。
各列車は1編成ずつしかありませんので、特急同士の交換などの設定は出来ません。

・自動運転モード
列車種別表示を長押ししてください、列車表示に『自動』と表示されます。アプリがランダムに列車を出発させますので上手く捌いて下さい。
もう一度長押しするとマニュアルモードに戻ります。プレイ中は何度でもマニュアル/自動運転を切り替える事が出来ます。

[サウンド]
この高熊駅はサイレントモードでもお楽しみいただけます。画面右下のサウンドボタンで切り替えてください。

p3.png
 画像③

以上で高熊駅の解説を終わります。



Google Play 『掌内鉄道 高熊駅』 ダウンロードサイト

FoxWorks


テーマ : androidアプリ
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

FoxWorks

Author:FoxWorks
Androidアプリを作っています。
リクエストなどあれば何なりと。
Foxと言う名の猫です^^
MAIL
fox-works〇haruki-kb.com
〇はアットマークにしてね

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FoxWorks カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

掌内鉄道 掲示板



アンドロイダー公認デベロッパー認証
アンドロイダー公認デベロッパー 『FoxWorks』

ファミ通App

ファミ通App
『掌内鉄道』 紹介ページ


EXドロイド

EXドロイド
『掌内鉄道 猫俣線CTC』
紹介ページ